太陽光発電を設置することの問題点

最近注目されている太陽光発電にもまだまだいくつかの問題点があると言えます。
日常に使用するエネルギー源で大きな問題となってくるのが、悪天候や夜間には使用する事が出来ないこととなります。

 

太陽光発電は発電量が足りない時や夜間はいつも利用をしている電力会社から電気を購入する必要があります。
設置をすることで生じるデメリットはこれから徐々に改善されていくこととなるでしょうが、現在は地球環境を考えたエコの一貫として導入をされると良いでしょう。
ご家庭へ設置することとなる太陽光発電というのは、大規模な産業用太陽光発電のように大掛かりなことはありません。
システム的には同様なのですが、家庭用太陽光発電は規模が小さいことから簡単に設置することが出来るのです。 太陽光発電は初期費用がまだ高いという事実は、設置を考えてしまう大きな要因となっていることでしょう。
さらに日中発電をした電気を貯めておくことが出来ないのが非常に残念な特徴となります。



太陽光発電を設置することの問題点ブログ:21-12-06

グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

シェイプアップしている人にとって、
ホワイトデーというのは、結構つらい試練ですよね。

やっぱり、
もらったスナック菓子を一気に食べてしまう事は、
避けた方がいいと思います。

でも
分散させて毎日ちょっとずつ…というのも、
実は結構怖いことがあるようです。

と言うのは、
毎日少しずつ食べるというのは非常にいいのですが、
手元にスナック菓子があると、
つい9時起きたりしたときに、
ちょっとつまんで口に入れたりして、
まさに少しずつ食べたりします。

さらに会社や学校から帰って来たときに、パクッと…

これはたまたま貰いものが手元にあるから、
「1回くらい」と思って誰でもやってしまうことで、
こういう食べ方自体は
シェイプアップにさほど影響することではないと思います。

問題なのは、
その後で「1回くらい」から始まって、
そのスナック菓子が無くなるまで、何度も続けていると、
それが「習慣」になってくるという事です。

脳が「快感」を覚え込んでしまって、
9時起きた時や会社や学校から帰って来た時をきっかけとして
脳が快感を求め「食べろ」と命令してしまうんですね。

こうなると、もらったスナック菓子が無くなった後でも
その快感を求め今度は自分で買って食べてしまいます。

さらに量も増え始め、やがてやめられなくなり…という
「悪い習慣」が身についてしまいます。

だから「1回くらい」は悪いことではありませんが、
きっぱりと
「このスナック菓子が無くなったらやめる!」と心に誓ってから
食べるようにしましょう。

できればたくさんもらったモテモテのあなたなら、
弟や知り合いに分けてあげて、
自分は一口づつ食べると言った具合にした方がベターだと思います。

じゃんじゃん