コンタクトよりも絶対にレーシック

コンタクトよりも絶対にレーシック

ここでは最新のレーシック情報を公開させていただいております。
見逃せない「コンタクトよりも絶対にレーシック」のサイドメニューは必見です。レーシックを担当するドクターが経験不足だった場合、納得の視力回復を実現することが出来ない場合もあります。
信頼出来る優良ドクター探しは、口コミ情報や比較サイトなどを参考にしてみると良いかもしれませんね。広くレーシック手術の存在が知られてきましたが、それでもまだ安心してレーシックを受けることが出来ない人もいるでしょう。
経験豊富なドクターからレーシックを受けることによって貴方の夢である視力回復を現実のものにすることが出来るのです。

 

現代はパソコンが普及してきて大変便利な世の中になりましたが、その結果視力の悪化が目立ってきています。
もしメガネやコンタクトレンズに頼るのが嫌でしたら、レーシックを選び裸眼で生活をすることが出来るようにしてみませんか?




コンタクトよりも絶対にレーシックブログ:21-10-29
記憶が途切れていて憶えていない。
気がつくとベッドの横で、あたくしに医師が話しかけてきた…

「右手上げて、はいOK。
 次、左手上げて…うーんやっぱり無理やね?」

「ええ、やっぱりってなに?
 嘘やろ、小学生みたいに勢いよく上げてるやん」

あたくしは心の中で叫んだ。
が実際、左手は全く動いていなかった。
あたくしの頭の中でのみ動いていたのだ。

事態が飲み込めず、現実を理解するまで一ヶ月。
転院先のリハビリ病院でだった。

総称、脳卒中。
病名「もやもや病からくる脳の血管障害からの脳出血」
後遺症により左半身麻痺との診断。

これまで入院の経験は、出産時のみ。
血圧、血液検査、体重、正常値。
タバコもお酒もやらない超健全な生活。
脳血管の欠陥が原因だなんて、納得できるはずがない。

リハビリ病院では、現実が待っていた。
辛かったのはからだよりも心。
周りの患者さんたちは、あたくしの倍くらいの年齢の人ばかり…
そしてこの歳で、トイレもお風呂も介護される辛さと屈辱。

最初はご飯にも困った。
食べても口の左端から流れ出る…顔の筋肉まで麻痺していた。
運動オンチだったが、
運動神経が損傷するとここまで動かなくなるのか…

あたくしは自分の運命を恨んだ。
お子さん、妹、家のことを思うと
どうしようもない焦りや悔しさが積もり、
心の中はボロボロだった。

病院のベランダから外の景色を見ながら思った。
「ずっと入院しているわけにはいかない。復帰しなければ!」

それから必死でリハビリに励み、車イスから杖歩行へ。
6ヶ月間の入院生活にピリオドを打った。

今、からだは退院時と変わらないものの家事はすべてこなし、
自分の家で自由な時間を楽しんでいる。
この平凡な毎日を送ることが、入院中のあたくしの夢であった。


コンタクトよりも絶対にレーシック モバイルはこちら